注射で簡単に豊胸|病気改善にはホルモン補充療法|症状軽減に繋がる

病気改善にはホルモン補充療法|症状軽減に繋がる

ウーマン

注射で簡単に豊胸

目を閉じる女性

サイズに上限がある

バストを大きくするにはシリコンバッグを挿入したり脂肪を注入したりする以外に、ヒアルロン酸注射によるプチ整形という方法があります。最も手軽で時間がかからず、忙しい方にも向いている方法です。やや太めの針で注射するため傷跡は残りますが、時間が経てばほとんど目立たなくなります。豊胸のためのヒアルロン酸注射は、顔のシワ取り用に比べて硬めの薬剤を使用します。そのため顔に比べて効果が長続きする反面、手触りがやや硬くなるので注意が必要です。少量の注射なら判別できない程度ですが、大量に注射すると不自然な感触になる場合もあります。ですからヒアルロン酸注射によるバストアップは、1カップぐらいが上限と考えたほうが良いでしょう。

面倒やリスクが少ない

ヒアルロン酸注射による豊胸は、特別なアフターケアが要らないという特徴があります。シリコンバッグを挿入するとカプセル拘縮のリスクがあるため、定期的なマッサージなどが必要です。脂肪注入は吸引した部分にも傷が残りますし、しこりになったりするリスクもあります。このような面倒やリスクの少ない点が、ヒアルロン酸注射のメリットです。一般に豊胸には100cc〜200ccほどのヒアルロン酸注射を行ないます。ヒアルロン酸の単価はそれほど安くはなく、1〜2年で効果がなくなることもあって、ヒアルロン酸注射だけで大きなバストを維持するにはかなりのコストがかかります。長期的に考えればシリコンバッグなどの方法を選ぶのも悪くありません。